トップページ 03-5638-0610 メールでお問い合わせ
お問い合わせ

外壁調査・配管調査

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にご相談ください。

03-5638-0610

03-5638-0610 メールでお問い合わせ

外壁調査・配管調査

建物は、風雨、光、熱等の自然環境要因や、人的使用状況などにより、経年とともに材料の強度や性能に老朽化・劣化が顕れます。そこで、外壁の修繕工事の基礎資料や現状把握の為に、外壁調査を行います
また、設備配管の寿命は用途や管種によりさまざまですが、建物にとって漏水事故など配管の劣化は重大な問題です。そこで新開発の配管ロボットによる調査を用い、劣化状況の把握や残寿命を推定します。

配管調査

配管調査ロボット配管くん(特許出願中)

建物の図面がない、図面はあっても配管の長さ、形状が異なるケースや壁や床を剥がしたところ配管がないということがあります。配管の位置や長さや、劣化具合など、「配管くん」が解決します。
自走(操作)式ロボットにより配管の中を走行し、配管内部の動画・静止画を撮影。同時に3D配管図に落とし込み、AR(拡張現実)により実画像と重ね合わせできます。積算見積りにも対応し、動画・画像や図面はクラウド上に保管されます。

Φ100以上の土間管(排水管) 電源AC100V 防水(少雨水可)
(意匠及び仕様は異なる場合がございます)

ポイント1
土管間曲がりと上下垂直の探査可能な世界初のロボット※2019/12/1現在調べ
  • 土間管の曲がりもOK

  • 上下垂直管もOK

ポイント2
映像や動画を取得
  • 1:CADで3次元の図面を作成

  • 2:図面ファイルをクラウドサーバーにアップロードします

  • 3:図面ファイルをダウンロードし、タブレット端末上で設備の図面と画面を重ねて表示します
    (準備中)

ポイント3
3D配管図をマッピング
  • 1:配管の位置を確認

  • 2:タップ操作で配管内の映像を表示

  • 3:配置した設備を実際の画像と重ね合わせて表示

  • 4:即座に設備リニューアルの見積もりをご提示
    (2021年予定)

事例:排水管(雨水菅)の調査
内部状態を映像で鮮明に確認可
能排水溝への管径がΦ100→Φ50になっていたためゴミなどが溜まっていた
その他
配管タイプ(径)により、「たまご型」「先端可変スコープ型」もございます。

Φ75以上の排水管(集合管、トラップを除く)
(2021年予定)
(意匠及び仕様は異なる場合がございます)

φ 32以上:ガス管/給水管/排水管
φ 25 :ガス管/給水管
(2021年予定)
(意匠及び仕様は異なる場合がございます)

製造元:株式会社弘栄ドリームワークス

外壁調査(準備中)

ページの先頭に戻る