株式会社リニューアルウィングス

大規模修繕工事安全管理・品質管理

安全管理

施工する建物の立地条件・建物の特性などを考慮し、安全重要ポイントの対策を行います。

安全管理
  • 居住者様の安全

    居住者様のご通行部分や低層階にお住まいの方への飛来落下防止対策を施し、安心安全を図ります。

  • 第三者様の安全

    ガードマンを配置し、通行人や来客者の安全通路を確保します。

  • 作業員の安全

    作業前に予想される災害の洗い出しと対策を講じ、作業区分を徹底します。

居住者様・第三者様の安全

安全通路の確保

工事期間中は、居住者様・第三者様の安全を図るために、安全通路を確保します。
また、状況に応じてガードマンを配置し、安全誘導を行います。

  • 安全通路の確保_1
  • 安全通路の確保_2
作業場所の安全対策

足場資材仮置場や作業スペース等は、カラーコーン・フェンス等で区画を行い、『立入禁止』、『頭上注意』等の標識設置及び危険箇所の注意表示を徹底します。

  • 作業場所の安全対策_1
  • 作業場所の安全対策_2
飛来落下防止対策

エントランス等出入口には、上部からの落下物を防止する防護柵や厚みのあるベニヤ板を設置します。また、建物と足場の間にはネットを設置します。

  • 飛来落下防止対策_1
  • 飛来落下防止対策_2
安全運転の厳守

工事期間中は、資材搬出入のため大型トラック等が出入りします。
周辺道路での運転には十分に注意し、徐行運転を厳守します。

  • 安全運転の厳守

作業員の安全

作業員の安全を守るため、リニューアルウィングスでは、現場で毎日朝礼の実施、危険予知活動の実施、月1回本社での安全衛生協議会、安全祈願や安全衛生大会など年間行事を行っています。
安全第一に対する意識の向上や現場に潜む危険性・各現場特有の危険箇所などを話合い、安全に工事が進むよう作業員と共に無事故・無災害を目指し、作業員の安全確保にも取り組んでいます。

作業員の安全

安全パトロール

安全パトロールでは、安全に工事が実施できるよう現場を巡回します。
具体的には、現場に災害の危険がないかを確認し、是正の必要があればその場で指示したり、対策を早急に検討します。
また、朝礼、危険予知活動や安全衛生協議会などで指示された内容が、現場で実際に行われているかをチェックします。 さらに、工事現場の作業実施に当たり、作業員の緊張感や集中力を維持し、災害防止の気運を高める目的もあります。

品質管理

品質管理_1

仕上にバラつきがないように事前に試験施工を行います。また、工事中は、弊社品質基準マニュアルに沿った検査を行います。

  • 品質管理_2
  • 品質管理_3
ページの先頭に戻る