株式会社リニューアルウィングス

大規模修繕工事大規模修繕工事の進め方

大規模修繕工事の進め方

大規模修繕工事は、マンションの資産価値を少しでも維持するため、また、快適な暮らしを継続・向上するために避けては通れないとても重要な工事です。
工事に使う修繕積立金は、お住まいの皆様の大切なお金で無駄にはできないものなので、後悔しない大規模修繕工事に向けた計画をじっくりと立てましょう。

大規模修繕工事を成功させるためのポイント

~管理組合(お住まいの皆様)の大規模修繕工事の必要性・目的を共有~

管理組合で専門委員(修繕委員)を設立するなどして、大規模修繕工事に向けて体制を整えましょう。
いざ工事が始まると、一部の居住者様から『うちは工事に反対だった。』
『うちはやらないでいい』などの声がまれにあります。マンションは集合住宅のためこのような声が上がった場合、一戸の工事が進まないばかりかマンション全体の工事に遅れや遅延に伴う費用増加の影響が出てしまいます。
そんなトラブルを避けるためにも、早めに体制を整え長期計画として大規模修繕工事に向けて、管理組合・理事会で話合いを重ねることが、大規模修繕工事の成功へと繋がるポイントかと思われます。

工事を実施する方法(システム)を決める

大規模修繕工事には、大きく分けて3つの進め方があります。
それぞれのメリット・デメリットを確認し、どの方法で進めるかを決めます。
  • 管理組合が直接、施工会社に依頼

    管理組合が自ら公募又は、複数の施工会社に声を掛け施工会社を選定します。
    コンサルタント料が発生しないため、工事にかかる費用が抑えられますが、専門的な知識や大規模修繕工事に関して、余計な費用を掛けない分、打合せなど管理組合や修繕委員会にかかる負担が大きくなります。

  • 管理会社に委託

    マンションで契約している管理会社に委託します。普段からマンションの日常業務を行っており、マンションの現状を熟知しています。但し、工事費用の面で、施工会社間の競争が無いため工事費用が割高になる恐れがあります。

  • コンサルタント会社(設計事務所)に委託

    管理組合が設計事務所と委託契約をし、工事前の建物のどこに不具合が出ているのかを診断・調査して頂きます。
    その後、工事施工業者の選定、総会のサポート、工事期間中は、工事が円滑に行われているか、工事に問題は無いかを厳しく見て頂けます。工事費用とは別にコンサルタント料が掛かります。

いずれかの方法により、工事を行う施工会社が決定
(株)リニューアルウィングスにご依頼いただいた場合は工事着工までは、下記のような流れになります。
step1
建物診断・調査実施
step2
調査報告と工事内容のご提案
step3
御見積のご提出
step4
工事請負契約
step5
居住者様への説明会
step6
調査報告と工事内容のご提案
工事着工からお引渡(竣工)とアフターメンテナンス
step1
工事着工
step2
定例会

発注者と施工者等で工事の進捗報告や色彩の決定など話し合いをしながら進めていきます。

step3
竣工検査

工事中、施工業者による自主検査を行いますが、竣工前には理事・修繕委員の皆様も一緒に仕上りを検査していだきます。

step4
竣工式(お引渡)

リニューアルした建物のお引渡・工事の内容を綴った竣工図書をお渡しします。

step5
アフターメンテナンス

工事完成後も工事保証があり安心
定期的に不具合がないかの検査を実施します。

ページの先頭に戻る